Entries

スポンサーサイト

日和田製麺所@郡山

特製中華そば、680円。日和田発電所の近く、ジョイフル山新のパーキングスペースに立っているお店。ラーメン本に乗っていたURLを見る限り、foodexグループの資本系。あとで調べて知ったんだけど、屯ちんも同じグループなのね。本の説明や写真を見てもピンと来るものが無かったので、基本の特製中華そばをオーダ。ご飯と漬物がそれぞれ1杯0円となっていて、セルフで釜からご飯を、皿から漬物をゲットする。ちなみにご飯はゆかりの混...

ますや@郡山

伝(細麺、バラ)、680円。スープは「元」「伝」「新」の3本柱。ラーメン本にも載っていた「伝」を選択。豚骨ベースの真っ黒いスープ。これは富山ブラックばりにしょっぱいのか?と思いきや、それほど塩分濃度は高くない。むしろ、優しい甘さすら感じる。いやー、これはレンゲが進む。麺は「細麺」「中太麺」「太麺」「縮れ麺」から選択可能で、「細麺」をチョイス。細いストレート麺。やや柔らかく、ふわっとした食感。加水率が低い...

まこと食堂@喜多方

中華そば、600円。漢字では「満古登」と書くみたい。暖簾には「喜多方のれん会」とある。喜多方のラーメンでは「老麺会」というグループが有名で、とあるラーメン本にはココ「まこと食堂」も「老麺会」の暖簾を掲げてる写真になっていたのだが、今は「老麺会」の暖簾は無く、老麺会マップからも「まこと食堂」の名前は消えている。脱退したんですかね。出てきたラーメン。僕が想像していた「喜多方ラーメン」は「坂内食堂」より、...

坂内食堂@喜多方

肉そば、900円。早朝から肉々しいラーメンを。喜多方っつったらこれでしょう。麺が見えないくらい肉で蓋をしたこのビジュアル。最高。スープはかなりすっきりしていて、僕が今まで本場では無い所で食べた事で育ててきた喜多方ラーメンのイメージとかなり異なり、醤油ダレがかなり柔らかい。ベースの出汁も優しい。シンプルで朝イチで食べるには良いバランスだけど、個人的には少し物足りなく感じた。麺は喜多方はコレ!という中太...

牛乳屋食堂@芦ノ牧温泉

牛乳屋ミニセット(極太手打麺、カフェオレ)、1040円。なんとも面白い店名。「牛乳屋食堂」と「牛乳や」という2パターンの表記がある。ざっくり簡単に言うと、もともと牛乳屋だったのが、途中で支那そばも扱うようになった、という感じらしい。なんだかローソンみたいね。会津若松ではラーメン以外にもソースカツ丼が名物で、ココ牛乳屋食堂ではラーメンとソースカツ丼のセットが用意されている。しかも小鉢と牛乳(orフルーツ牛乳or...

Appendix

プロフィール

てらみん

Author:てらみん
ラーツ部部長。

まとめ
twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

月別アーカイブ

かうんた

ページナビ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。